プライムアースエナジーやワタミの株価

株価というのはどのように決まるのか気になる人もいることでしょうが、これは至って簡単な話でありこの値段で売りたいという人とこの値段で買いたいという人の金額が合致したところで株価が決まることになります。
そのため、両者の希望が合致しなければいつまでも値段がつかないということにもなるのです。

これは株式市場に上場している銘柄だけでなく、プライムアースエナジーのように非上場の銘柄でも同じようなことがいえるもので、この金額で売りたいという人と買いたいという人の希望があえば取引が成立して値がつくことになります。
しかし、上場していない企業の株を取引する場合には買いたい場合には売りたいと考えている人を自ら探さなければなりませんし、逆に売りたいと思っている時には買いたいと思っている人を探さなければなりません。
株式市場であればそのような売買をする相手を見つけるのは簡単な事ですが、非上場銘柄の場合には相手探しで苦労をすることになります。

一方でワタミのように東証一部に上場していて、知名度も大きな企業というのは常に売りたい人も買いたい人も大勢いることになりますから、売買をする相手が見つからないということもなく、全く株に値がつかないということもありません。
そして、その時の地合であったりワタミの業績によって買いたいと思う人が多ければどんどんと株価が上昇することになり、逆に売りたいと思う人が買いたいと思う人の数よりも多ければ株価は下落してしまうことになるのです。
このように株価の付き方というのは、市場の参加者の意思によって行われるもので、欲しいと思う人が多ければ高く、いらないと思う人が多ければ安くなるという単純な仕組みになっています。

ページトップへ