物語コーポレーションやトライアジアグループ等の株価

企業の成長や業績の好調などから発行している株を個人投資家や株式とレーダーなどが購入することから、その価格が上昇するというのが株価です。成長著しい小売系の株式会社である物語コーポレーションは特に株価の上昇が顕著に現れており、現在のところ5000円台で価格が推移していますが一年ほど前までは3500円半ばで取引がなされていたことから、目に見えて株価が上昇した会社のひとつだと言えるでしょう。多くの株主が株を購入して長期保有しているということは、それだけ会社の経営状態が安定しており市場でネガティブなイメージを持たれていないということなので、株価は企業イメージを反映する要素と言っても過言では無いのです。購入した株を数年そのまま放置しておき、価格が上がってから売りたいというのであれば物語コーポレーションの株は安心だとイメージしておいていいと言えます。
逆に一年前に比べ株価が下がったのが通信系事業者であるアイルです。一年前は3000円近くの価格が付けられていましたが、現在は1000円から1200円の間で推移しています。しかし今後アイルの業績が改善され顧客からの評価が高まれば、株価も自然に上昇していくと言えるため、価格が安い現在こそがアイルの株の買い時だとも言えるでしょう。
また一部上場企業でなくとも株式を発行している会社というのは多々あり、トライアジアグループも株式会社なので株の購入そのものは不可能ではありません。しかしトライアジアグループの株価は他の会社や企業の株価が簡単に調べられるファイナンス系のホームページでも確認できないことから、株を購入する際にどの程度の費用が必要になるのかが不透明であるといった点は、注意点として覚えておくといいでしょう。

ページトップへ